湘南 不動産 リノベーション 忍者ブログ
日記(12)     アトリエ(1)     メモ(9)     ノートの切れ端(2)    
  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
09.25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 





 耳に残るのは押し殺したような鈍い悲鳴。肉を断ち生を絶つ感触がしっかりと手にこびりついて離れない。
 黒い虚ろはぽっかりと穴を空け、いつでもこちら側へ来いと誘っている。
 黒に溶けるその先は、空気を吸い込めば肺が焼けるような地獄なのだろう。
 入り口ではしゃれこうべが笑みを浮かべて笑っている。
 自分もとうとう狂ったのか。狂ったまま、此処に立っているのか。
 まともでなどいられないのなら、狂ってしまえればどれ程楽なのかと望みはしたが、いざ狂ってしまえばどうという事はない。
 腹は減るし眠くもなる。
 こんなものなのかと足元を見れば、顔の無い死人が縋ってくる。
 
 あぁ、煩わしい。死んでもまだ殺されたいのか。
PR
comment to this article
name
color
URL
text
pass    
prev  home  next
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)